安全を維持するためにエレベーターを定期的に点検しましょう

色々な見積りを取って納得のいくリフォームを行なう

ピックアップ

定期的なメンテナンス

メンテナンスを定期的に行うことによって、エレベーターの故障を未然に防ぐことが出来ます。修理にかかる費用を抑える効果もあるので、専属の点検業者を事前に決めておくようにしましょう。

インターホンの交換

インターホンにも寿命があるので、使用していくことによって、老朽化で使いにくくなったら交換を検討しましょう。最近では新機能が付いているものもあるので、利便性が高まっています。

退去時に行う工事

賃貸住宅に住んでいる住民が退去すると、新しい住民を向かえるために原状回復工事を行わなければなりません。費用を抑えるためにも、それぞれの評判について知っておくことが重要になります。

安全を維持する

定期的に点検を行なってもらいましょう。業務用エアコンを放置しているとアレルギーの原因となってしまうので注意しましょう。

エレベーターの維持保全について

エレベーターは私たちの生活の中に深くかかわる設備です。 マンションに住む方にとっては必須でしょうし、オフィスやデパートなど何かしらエレベーターと関わりのある生活をしている人が大半です。 ではその点検制度についてはご存知でしょうか。 エレベーターは1年に1回有資格者による点検を行い、その結果を行政庁に提出しなければならないと義務付けられています。ですので、エレベーターの設定されているビル等の所有者または管理者は年次点検をしっかり行いましょう。 点検は専門の業者に頼むといいでしょう。 点検資格があるのは、1級建築士、2級建築士または昇降機の検査資格者のみとなっています。 ただ点検するだけではなく、書類を提出し不具合か所の改修提案も行ってくれる業者がよいでしょう。

なぜ点検制度は必要なのか

エレベーターは便利な設備ですが、一歩間違うと大事故につながります。 残念な話しですが、人が挟まれて命を落としてしまったケースもあります。 そこまでの事故でなくても、閉じ込められてしまうようなことがあると大変です。 そのような事故を防ぐために年次点検制度があります。 これは建築基準法第12条にて定められている法定点検です。 ですからビルの所有者及び管理者は法定点検や日ごろの巡回チェック、また不具合があった場合の改修費用等の負担はありますが、利用者の安全のためかかすことの出来ない費用だと考えるべきでしょう。 年次点検以外にもより細かい間隔での巡回をきっちり行い、不具合か所が発覚した場合は、速やかに改修工事を行うことが事故を未然に防ぐ解決策となります。

ピックアップ

古い箇所を交換

コンセントは老朽化するので、安全性を維持するために交換を定期的に行っておく必要があります。また、使用頻度が高いところは劣化が進みやすいので、その箇所に絞っておくのも大切です。

Recommended link

Copyright © 2015 安全を維持するためにエレベーターを定期的に点検しましょう All Rights Reserved.