安全を維持するためにエレベーターを定期的に点検しましょう

Remodeling

古い箇所を交換

使用頻度と交換の必要性

同じ家の中でも、使用する頻度によってコンセントの交換必要性は変わって来ます。家の中全てを丸ごと取り換えなくてはならないと言う事は決してなく、一部の使い古した部分だけしっかりと交換するように心掛けて下さい。業者としては工事個所が多ければ多いほど得をしますから、場合によっては勧められてしまう事もあるかもしれません。しかし、大事なのは何度使ったかの部分が大きくあるので、あまり使用していない部屋のコンセントはそのまま放置しておきましょう。特によく使うのは、一日中付けっぱなしにする冷蔵庫や電気ポットの置いてあるリビングです。更にリビングの中でも使う箇所と使わない箇所がありますから、自分の普段の使用割合を頭の中で思いだしてみて、工事をお願いしましょう。

使い勝手の改善のために位置を変える

コンセントを古いものから新しい新品のものへ交換する、と言うのが通常の施工なのですが、最近では位置を変えるための工事も行われています。プチリフォームのようなもので、今までコンセントがあった場所を丸々はぎ取ってしまい、全く別の場所に移動させてしまうのです。これは、例えばテレビ等の家電製品の裏側の使いづらい部分にあったりして、抜き差しが不便に感じる場合に依頼があります。他には、タンスや食器棚と壁の狭い空間に挟まれてしまうような場所にある場合、これも非常に使い勝手が悪いケースです。住宅の利便性を改善させるために、移動をすると言うわけです。よく使う電気製品が変わったり、新しい家具を追加したり模様替えを行う際に交換を頼むのがお勧めです。

Copyright © 2015 安全を維持するためにエレベーターを定期的に点検しましょう All Rights Reserved.